ma*am
すきなカメラを持って
だいすきな愛犬とのんびりと

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
旅立ち



リズピンとのおでかけのお話より先に、リムルのことを書きたいと思います。


実家で暮らしていたリムルくん。
早朝2:50頃、永眠いたしました。 16歳でした。



リムルは、友人から譲ってもらったワンコでした。


ワンコが大好きな私は、どうしてもどうしても犬と暮らしたくて、
両親を何度も何度も説得し、やっと許しを得て譲ってもらったのでした。

柴犬のパピーって、熊のぬいぐるみみたいなの♪
あまりのかわいさに、私以上に両親の方が一目ぼれ&溺愛してたなぁー(´艸`o)

両親は共働きで、私は学校で、譲ってもらって早々にお留守番をさせなきゃならなかったんだけど、
父も母も仕事を抜け出し、リムルの様子を見に行ってたらしい(^^; ← 後々聞いた話(笑



2歳まではやんちゃ坊主で、父の夕飯にと用意しておいたハンバーグを、
お皿がピカピカになるまでペロっと食べちゃってた・・・という事件もありました(◎o◯;)
(たまねぎキケン!!けど無事だったー)


男の子だからか、犬種のせいか、ウチの中では絶対にトイレをしない子でした。
なので、両親は雨の日も、雪の日も、16年間1日も欠かさずお散歩へ連れて行ってました。



大好物は甘いモノ!
私がダメと言っても両親は言うことを聞いてくれず・・・。
アンパンやアイス、コーヒーのミルク、夕飯のお肉などなど体に悪そうなモノをおいしそうに食べてたなー(ー'`ー;)
それでも、15年間病気1つすることなく長生きしてくれました。
(最後の1年は病院にお世話になったけどね)



リズとピンキーとも仲よくしてくれました。
ちょっかいを出してくるチビたちに対して、威嚇することなく優しかったよ。
特にリズは、3ヶ月の頃から秋田へ連れて行ってるので、リムルとは仲良し♪
おかげで、今でも柴犬を見ても吠えません。



思い出は書ききれないほど・・・。
16年という歳月は、過ぎてしまえばあっというものね。

数日前から食事もとらず、水も飲まなくなったという連絡を受けていたので覚悟はしていました。
今日は両親ともに仕事がお休みの日。
きっと、この日を待っていたんだね。


お昼過ぎに、近所のお寺で火葬をしてもらったそうです。
「人間のお葬式並みに立派にやってもらったよー」と言っていました。


私は正直、まだ実感がありません。
秋田へ帰省したら、いつも迎えてくれるリムルがいなくて初めて違和感を覚えるんだろうなぁ。


愛しのリムル、
たくさんの幸せな時間を本当にありがとう。

** Day : comments(12)
スポンサーサイト
- : -
Comment








rikちゃん。
今日は、本当はとってもツライ、ツライ日だったのに。

リムルくんの想い出に浸っていたかったでしょうに・・(涙)
リムルくんのお話しをした時、rikちゃん今にも
泣き出しそうだったもの。
それ見て私も・・・。
ワンちゃんのこういうお話は本当にもうグシャグシャに
なってしまう。
現に今も・・・。

リムルくんはみんなに愛されて、
本当に幸せな犬生を送れたと思います。

rikちゃん元気出してね。
rikちゃんの笑顔や、パパさん・ママさんの笑顔が
リムルくんにとっての一番嬉しいことだよね♪
posted by mayu : 2010/12/20 10:29 PM :
リムルくんのご冥福をお祈りいたします。

rikさんが前にご実家に帰られた時のお父様との会話を思い出しました。
あの時も私涙しちゃったもんな…。
リムルくんはすごくすごく幸せなわんこさんでしたね。
今度はリムルくんがrikさんたちの幸せを願っているでしょうね。


辛い中、マリーにお祝いのコメントをどうもありがとう。
本当に嬉しかった。。。
posted by りりまりママ : 2010/12/21 12:03 AM :
リムルくん、みんなに愛され、とっても幸せな16年間だったことでしょう★
リムルくんにありがとうって思うこと沢山でしょうけれど
リムルくんもみんなにありがとうって言っていますよ、きっと...

ご冥福をお祈りいたします

posted by yocco** : 2010/12/21 12:45 AM :
リムル君大往生だね 
ご家族に大切にされ幸せのまま旅だったんだろうね
ご冥福をお祈り申し上げます。。。

ブログをお引越ししました。
宜しくお願い致します〜♪
posted by ステラママ : 2010/12/21 9:46 AM :
mayuさん♪今日はありがとうございました!
いえいえー、mayuさんとたくさんお話ができて楽しかったです!
1人でウチにいたら、いろんなことを思い出して切なかったと思いますから^^
食事を摂らなくなったという連絡を来てから覚悟はしてたのですが、
不思議とまだ実感がなくて、、。
両親もまだそんなに実感がない様子でした。
これからどんどん淋しくなっていくんだろうなぁー。
リムルは両親の愛をいっぱいもらって、
ホントに幸せな16年を過ごしてきたと思います^^
posted by ★ mayuさんへ : 2010/12/21 10:06 AM :
マリーちゃん、お誕生日おめでとう〜♪
マリーちゃんのお誕生日の日になんだかごめんなさいね、、。
そうそう、父の言葉を思い出しました。
16歳だから大往生なんだろうけど、淋しいものは淋しいよね。
リムルは愛情たっぷりの16年間でした^^
posted by ★ りりまりママさんへ : 2010/12/21 11:10 AM :
ありがとうございます!
16年、病気1つすることなく生活できてよかったです。
毎日のお散歩も、元気の源だったと思います^^
祖父が亡くなるまでは、祖父が一番かわいがっていたので、
ほんと、みんなに愛されて過ごしてきたと思います。
posted by ★ yocco**さんへ : 2010/12/21 11:13 AM :
ありがとうございます!
ほんと、家族はもちろん近所の方からも愛されてた16年でした。
両親が休みの日に旅立つなんて・・・。
最後の最後まで両親と一緒にいたかったんですねー、きっと。

ブログの件、ありがとうございます〜♪
posted by ★ ステラママさんへ : 2010/12/21 11:15 AM :
16年間、ご家族の愛情をたくさん受けたリムル君。
愛される喜びや生まれてきた喜びを
たっくさん感じたことでしょう。

ご両親のお休みの日を待ってたんでしょうね。
そして、「ありがとう」って伝えたかったんでしょうね。
強いキズナを感じます。

リムル君、素敵な犬生でしたね。
16年間ありがとう。
お空でご両親やrikさんファミリーを見守っていてね。


posted by まひみかマミィ : 2010/12/21 6:14 PM :
リムルくん16年間
ご両親やrikさんのご家族に愛されて
とっても幸せだったと思います。

リムルくんは虹の橋を渡り天国へ旅立ったと思いますが
魂はいつまでもそばにいると思います。
rikさんがリムルくんの存在を感じた時は
rikさんの近くにいる時だと思います。

リムルくんはrikさんのご家族やご両親に可愛がられて
愛情を注がれて育てられた事が伝わってきます
だからこそ
待っていたのは
リムルくんが最後にお礼を言いたかったからだと思います。
きっと家族の皆さんにお礼を言って旅立ったのだと思います。

リムルくんのご冥福をお祈りいたします。
posted by yuki : 2010/12/22 12:48 PM :
マミィさん、ありがとうございます。
リムルはいろんな人に愛され、
本当に幸せな犬生だったと思います。
だから最期も両親のお休みの日に旅立ったのだと思います。
こういうことってあるんですね、、、
なんだか泣けてますー(>_<)
posted by ★ マミィさんへ : 2010/12/23 6:03 PM :
yukiさん、ありがとうございます。
なんだか私はまだ実感がないのですが、
両親はなんとなく実感が出てきてるようです。
時間が経つにつれ、どんどん淋しくなっていくんですね。
でもきっと、リムルはずっと両親の心の中で生き続けますよ!
大事に大事にしてきた子ですから♪
posted by ★ yukiさんへ : 2010/12/23 6:05 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>